代表・Cello

白佐武史Takefumi Shirasa

プロフィール

釧路市出身。15歳よりチェロを始める。
武蔵野音楽大学卒業、同大学院博士前期課程修了。卒業後渡独し、ゲヴァントハウス管弦楽団ソロ首席奏者Christian Giger氏のもとでさらに研鑽を積む。

ルーマニア国際音楽コンクール、ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクール等入賞。新日本フィルハーモニー交響楽団の契約団員を経て、現在はフリーランスのチェロ奏者として東京に拠点を置き、主にミュージカル、室内楽、オーケストラ、スタジオワークなどの活動を中心としながら、幅広いジャンルの演奏活動を全国各地で行っている。8人編成のオーケストラ「サロンオーケストラ・エイト」を主宰し、全国の学校やホールなどで年間約50公演を行なっている。

地元釧路市では音楽事務所FOGMUSIK(フォグムジーク)を立ち上げ、代表として月に一度定期的に伺い、音楽文化の普及と振興を目的とした様々な企画のプロデュースや演奏、チェロの指導等も行っている。

最新情報

すべてのコンサート